弁護士になりたい

とても難易度の高い試験として知られているのが弁護士の試験です。
弁護士になるためにはハードルがとても高く、まずは高校や大学を卒業後に司法試験を受ける資格を得るための勉強を更に積まなくてはなりません。
法科大学院と呼ばれるところで、2年または3年間余分に勉強をする必要があり、そこを卒業して初めて司法試験を受けることができるようになるわけですが、そこで次のハードルが待っています。

司法試験は法科大学院修了から5年以内で3回までと受験回数が決まっているのです。
ですから、3回受けてアウトならばそこで終わりなのです。
ちなみに、予備試験と呼ばれるものを突破することによって、法科大学院と同程度の学力認定が受けられて、司法試験を受けることができるのですが、こちらはそもそも予備試験の難易度が高く、この試験を通過した人は概ね本番にも合格が可能であると言われるほどです。

試験に見事通過したとしてら、今度は司法研修所にて1年間の勉強をしなくてはなりません。
この後試験に合格することによってようやく弁護士になることができるのです。
単純に見て、弁護士になるためにはかなりの時間がかかります。
試験を受けて合格したらすぐになれるものでもありませんし、なってからがむしろ本番と言えるものです。
ただし、法を扱う仕事としてはとてもレベルの高い仕事であり、扱える業務の幅も大きいため、将来性の高い仕事として、資格を取得する価値はとても高いと言えます。

Copyright © 2014 弁護士になるには? All Rights Reserved.